膝の関節痛にはさまざまな原因がある

膝の関節痛にはさまざまな原因がある

 

膝の関節痛が辛いと悩んでおられる方は、若者から高齢者まで幅広くいらっしゃいます。
痛みの原因を知ることで、何らかの対策・治療を行うことが出来ると思いますので、膝の関節痛の原因というのをいくつか見ていきます。
代表的な原因として、以下の5つがあると言われています。

 

1.変形性膝関節症
2.外傷
3.感染症
4.リウマチ
5.痛風

 

変形性膝関節症は主に加齢が原因となり、外傷は運動や事故が原因のことが多いです。
感染症は細菌による炎症が原因となり、リウマチは免疫機能の低下が原因で、痛風は代謝機能の問題が原因となります。

 

変形性膝関節症と外傷は、膝の軟骨部分の問題によって、痛みが発生しているのではないかと考えられています。
人間の膝部分にある軟骨は、日常生活を送って身体を動かしていると、少しずつではありますが擦り減っていくと言われています。

 

擦り減った軟骨を元通り再生させようと、人間の身体はグルコサミンやコンドロイチンといった軟骨成分の一種を働かせるのです。
若い頃は、グルコサミンやコンドロイチンが活発に働いてくれることから、擦り減った軟骨もすぐに元通りになるのですが、年齢を重ねていくとこれらの成分の働きも弱くなっていき、再生が追いつかなくなってしまうのです。

 

軟骨がどんどんと擦り減っていき、変形をしてしまったり、痛みなどの違和感を覚えるようになり、変形性膝関節症という診断を受けることになります。
変形性膝関節症や外傷による膝の関節痛は、軟骨が大きく影響をしていると言えるので、軟骨を再生するグルコサミンやコンドロイチンを意識的に体内に取り入れてあげる必要があると言えるでしょう。
食事だけでは十分に摂取をすることが難しいので、サプリメントを利用することを勧めます。