膝の痛みを伴う病気の1つであるリウマチとは

膝の痛みを伴う病気の1つであるリウマチとは

 

関節痛が症状として出る病気には、色々なものがあるのですが、その中でも特に名前が知れている病気として、変形性膝関節症とリウマチがあります。
リウマチという病気は、実際に発症をされている方以外にも、ご存知の方は多いのではないかと思います。

 

リウマチという病気は、免疫機能が異常を起こすことが原因となり、症状が現れると言われています。
私たち人間の身体にある関節の周りには、軟骨が関節の動きをカバーするように存在をしているのですが、その軟骨の表面にある滑膜細胞が増殖をして炎症を起こすことで軟骨や骨が破壊されてしまい、リウマチ特有の激痛を伴うようになってしまうのです。

 

その状態を放っておくと、関節を動かすことが出来なくなるまで骨が変形をしてしまうことがあることから、非常に恐ろしい病気だと言われています。
リウマチの症状というのは、先端から出始めると言われており、手や足の指、手首、足首といった部分に、痛みなどの違和感が出てくるようになります。

 

病状が進行をしていくと、手先や足先だけでなく膝や股関節にも症状が出ると言われています。
リウマチの発症者は、圧倒的に年配の女性に多いことから、年配の女性にしか発症をしない病気だと思われている方も少なくありません。

 

しかし、10代や20代といった若い女性も発症をしますし、男性でも発症をすることがあります。
リウマチであるかどうかは、血液検査、X線検査、MRI検査、関節炎のチェックを行なうことで分かります。

 

リウマチを発症する原因というのは、現在の医学ではまだ解明をされていないのですが、遺伝が大きく関係をしているのではないかと言われています。
特に女性が発症をしやすい病気ですので、親や兄弟にリウマチを発症者がいる女性は、日頃からリウマチという病気には気をつけておく必要があるでしょう。